【マスターデュエル対応】召喚シャドールデッキ紹介 超融合でどんな相手でも飲み込む!

HOBBY

はじめに

僕がマスターデュエルでも使用しているデッキ【召喚シャドールデッキ】の紹介です。

融合のテーマの召喚獣とそれに相性の良いシャドールが混ざったデッキです。

強力な妨害で相手を封殺しながら展開しつつゆっくりと倒していきます。

融合のデッキを使いたい方はぜひつくってみてください!

【召喚シャドール】デッキ紹介

遊戯王公式データベースより

メインデッキ 40枚

モンスター 24枚

2枚《シャドール・ヘッジホッグ》

2枚《シャドール・リザード》

2枚《シャドール・ドラゴン》

1枚《シャドール・ビースト》

3枚《影霊の翼 ウェンディ》

1枚《星なる影 ゲニウス》

1枚《影依の巫女 エリアル》

3枚《召喚師アレイスター》

3枚《灰流うらら》

3枚《増殖するG》

3枚《エフェクト・ヴェーラー》

魔法    14枚

3枚《影依融合》

3枚《神の写し身との接触》

2枚《召喚魔術》

2枚《暴走魔法陣》

2枚《超融合》

2枚《墓穴の指名者》

罠     2枚

2枚《影依の偽典》

エクストラデッキ 15枚

2枚《エルシャドール・ミドラーシュ》

2枚《エルシャドール・ネフィリム》

2枚《エルシャドール・アプカローネ》

1枚《エルシャドール・シェキナーガ》

1枚《エルシャドール・ウェンディゴ》

2枚《召喚獣メルカバー》

1枚《召喚獣アウゴエイデス》

1枚《召喚獣カリギュラ》

1枚《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

2枚《聖魔の乙女アルテミス》

召喚シャドールデッキの特徴

召喚シャドールデッキは召喚獣とシャドールの強力な融合モンスターを出して戦っていきます。

《エルシャドール・ミドラーシュ》《召喚獣メルカバー》などの強力な妨害で相手を止めつつ《シャドール・ネフィリム》などで相手を粉砕していきます。

また、状況にあった融合が出せるように属性の違う手札誘発を採用しています。

カードの解説

汎用カード以外でこのデッキの核となりうるカードについて、

1枚1枚詳しく解説していきます。

シャドール編(エクストラを除く)

●《シャドール・ヘッジホッグ》

墓地へ送られるとシャドールモンスターのサーチを行うことができます。デッキ融合の素材に使ったりしてその状況にあったモンスターをサーチしましょう。

●《シャドール・リザード》

墓地へ送られた場合にデッキからシャドールモンスターを墓地へ送ることができます。つまり墓地肥やしに使えるので、《影依の偽典》の融合素材をためることができます。

●《影霊の翼 ウェンディ》

墓地へ送られるとデッキからシャドールモンスターを場にセットすることができます。融合素材にも使えるしリバース効果も利用できます。素引きしててもリクルートに使えるので3枚の採用です。

●《影依融合》

相手がエクストラモンスターを出しているとデッキから融合することができます。

デッキからシャドールモンスターを墓地へ送りつつ融合ができるの1枚から墓地肥やしをしつつ融合モンスターを出すことができるので非常に強力です。

シャドール融合モンスターは基本的に墓地へ送られたときに、墓地からシャドール魔法トラップを回収できるので、何回も使いまわすことが可能です。

●《神の写し身との接触》

速攻魔法で融合を行うことができます。バトルフェイズにあと一押しで倒しきるときに使ったり、相手ターンに《エルシャドール・ミドラーシュ》を出して相手を止めることもできます。

●《影依の偽典》

こちらは相手ターンに墓地融合することができます。手札を使わずしかも、永続トラップで毎ターン融合できるので非常に強力です。

さらに融合召喚したモンスターと同じ属性のモンスターを対象を取らずに、フィールドから墓地へ送ることができるで除去としても非常に優秀です。

召喚獣編(エクストラを除く)

●《召喚師アレイスター》

召喚獣の動きの初動になります。デッキから《召喚魔術》をサーチしつつリンク召喚に使ってしまえば1枚から融合できます。

融合モンスターの攻撃力をフリーチェーンで1000UPする効果もあります。これはダメージステップにも発動できるので相手のモンスターを返り討ちにしたり威圧に使ったりできます。

●《召喚魔術》

《召喚師アレイスター》からサーチしてきます。普通の融合としても使えますし召喚獣融合モンスターを出す場合は墓地から除外して融合もできます。

さらに墓地からデッキに戻して除外している場所から《召喚師アレイスター》を手札に戻すことができるので毎ターン召喚獣の融合を行うことができます。

●《暴走魔法陣》

召喚獣の初動である《召喚師アレイスター》をサーチすることができます。さらに融合モンスターを守ることのできる効果も持っているの《召喚師アレイスター》を素引きしているよりもこちらの方が強いです。

《テラ・フォーミング》を採用するのもありなくらいです。

テーマ外で相性のいいカード・採用理由

●《超融合》

相手モンスターを融合素材に利用できます。チェーンできないのでほとんどのモンスターを除去できるので除去カードとして非常に優秀です。

フィールドのモンスターしか融合素材にできないのでシャドールカードをセットしておくように注意です。

●《エフェクト・ヴェーラー》

光属性枠として採用しています。《エルシャドール・ネフィリム》の素材にもできるし、《召喚獣メルカバー》の素材にもできるので採用しています。

光属性の少なくさらに妨害にも利用できるこのデッキにはかなり重要なカードです。

●《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

超融合で出すために入っています。相手が闇属性を使うデッキだった場合相手のモンスター二体で融合できるのでこれが決まると強いです。

エクストラデッキ

●《エルシャドール・ミドラーシュ》

妨害のカードの1番手に上がってきます。特殊召喚を1ターンに1度までにします。特殊召喚するデッキは確実に止めることができます。

自分も1度までしか特殊召喚できないので自分が展開する場合は融合素材にするなどしてどかしましょう。

●《エルシャドール・ネフィリム》

融合召喚成功時にデッキからシャドールカードを墓地へ送ることができます。魔法トラップも送ることもできます。

シャドール融合モンスターは墓地からシャドールカードを回収することができるので墓地へ送った強力なシャドール魔法トラップを手札に加えることができます。

●《エルシャドール・アプカローネ》

こちらも相手のモンスターの効果を無効にできます。様々な属性のシャドールカードが増えたのでかなり出しやすいです。

また墓地へ送られるとシャドールカードをサーチできるのでさらなる展開につなげることもできます。

●《召喚獣メルカバー》

召喚獣融合モンスターで最もよく出します。手札を切って効果を無効にして除外するという非常に強力な妨害を持っています。

《召喚師アレイスター》と光属性で出せるので光属性を使うデッキにはかなり強いです。自分で出す場合は《召喚師アレイスター》をリンク召喚して《聖魔の乙女アルテミス》を素材に使いましょう。

●《召喚獣アウゴエイデス》

モンスターが特殊召喚されるとターン1で相手モンスターを破壊できます。

素材が融合モンスターなのでデュエルの中盤から使用されることが多いです。攻撃力UPもあるのでライフを取る力に優れています。

●《召喚獣カリギュラ》

闇属性の多いシャドールデッキでは最も簡単にできます。1ターンに1度しかモンスター効果を使えないという非常に強力な妨害を持っています。

自身もかなり止められてしまうので注意が必要です。

立ち回り

先攻は妨害立てれるよう展開します。相手ターンまでに《エルシャドール・ミドラーシュ》を立てるのが最も有効です。

《影依の偽典》で出せるように用意しておくか、あらかじめ出しておくようにしましょう。

ほとんどのデッキをかなりロックすることができます。

また、召喚獣関連のカードを引いているのなら《召喚獣メルカバー》or《召喚獣カリギュラ》をだして妨害を備えましょう。

後攻の場合は手札誘発で相手の動きをできるだけとめ、自ターンに展開をしていきます。

《影依融合》がデッキ融合できたり、《超融合》で相手のモンスターを除去したりして展開をしていきましょう。

このデッキの弱点

このデッキは墓地を利用して展開するので、除外に弱いです。

除外をしてくる《ディメンション・アトラクター》《マクロコスモス》などでかなり止められてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上が【召喚シャドールデッキ】のデッキの紹介となります。

環境デッキに一矢報いることができるくらいの強さとなっています

みなさんもかっとビングで勝利を掴みましょう!

ほかの遊戯王記事はこちらから見てね→遊戯王記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました