【マスターデュエル対応】ライトロードデッキ 墓地落としで大量展開!

HOBBY

はじめに

今回はマスターデュエルで使えるデッキ【ライトロードデッキ】の紹介です。

「ライトロード」を軸としたさまざまなエースモンスターを並べてビートダウンしていくデッキです。

主軸となるモンスターたちが他のデッキでも使うことができるため拡張性のあるテーマといえます。

【ライトロードデッキ】デッキ紹介

遊戯王公式データベースより

メインデッキ 40枚

モンスター 29枚

3枚《ライトロード・サモナー ルミナス》

2枚《ライトロード・アサシン ライデン》

1枚《ライトロード・マジシャン ライラ》

1枚《ライトロード・ビースト ウォルフ》

3枚《ライトロード・アーチャー フェリス》

3枚《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》

1枚《トワイライトロード・ファイター ライコウ》

2枚《裁きの龍》

2枚《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

2枚《混源龍レヴィオニア》

1枚《輝白竜 ワイバースター》

2枚《暗黒竜 コラプサーペント》

3枚《エフェクト・ヴェーラー》

3枚《増殖するG》

魔法    11枚

3枚《光の援軍》

3枚《ソーラー・エクスチェンジ》

3枚《混沌領域》

2枚《墓穴の指名者》

エクストラデッキ 15枚

1枚《混沌魔龍 カオス・ルーラー》

1枚《ヴァレルロード・S・ドラゴン》

1枚《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》

1枚《天威の龍鬼神》

1枚《ライトロード・アーク ミカエル》

1枚《月華竜 ブラック・ローズ》

1枚《シューティング・ライザー・ドラゴン》

1枚《F.A.ライトニングマスター》

2枚《ライトロード・セイント ミネルバ》

1枚《虚空海竜リヴァイエール》

1枚《ライトロード・ドミニオン キュリオス》

1枚《水晶機巧-ハリファイバー》

1枚《神聖魔皇后セレーネ》

1枚《アクセスコード・トーカー》

ライトロードデッキの特徴

デッキから墓地へ送ると効果を発動するライトロードカードの効果を様々な効果で墓地へ送りまくって展開していきます。

また、属性が光属と闇属で墓地へモンスターをよく送るので相性のいいカオスのカードを多く採用しています。

カードの解説

汎用カード以外でこのデッキの核となりうるカードについて、

1枚1枚詳しく解説していきます。

ライトロード編

●《ライトロード・サモナー ルミナス》&《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》

このデッキの展開の要のカードです。

どちらも手札を一枚捨てて墓地、除外からライトロードを特殊召喚する効果を持っています。

通常召喚枠として使い展開につなげる用のカードになっています。

●《ライトロード・アサシン ライデン》

こちらもはメインフェイズにデッキトップを墓地へ送る効果を持っているため、墓地肥やしに利用します。

また、チューナーなのでシンクロにつなげましょう。

●《ライトロード・アーチャー フェリス》&《ライトロード・ビースト ウォルフ》

どちらもデッキから墓地へ送られたときに特殊召喚する効果を持っています。

《ライトロード・アーチャー フェリス》はチューナーなのでシンクロに使えるし《ライトロード・ビースト ウォルフ》は打点があるのでアタッカーとして利用しましょう。

●《裁きの龍》

墓地が肥えてライトロードの種類が4種類以上で手札から特殊召喚できます。

1000払って地震以外破壊する効果は1ターンに何回も使うことができるので一気に相手のライフを削り取りましょう。

●《光の援軍》

ライトロードの非常に優秀なサーチカードです。好きなライトロードをサーチしつつデッキから墓地落としをすることもできます。

その状況にあったライトロードをサーチしましょう。

●《ソーラー・エクスチェンジ》

ライトロードの手札入れ替えカードです。さらに墓地を肥やす効果も持っています。いらないライトロードを切って一気に展開に必要なカードを手に入れましょう。

相性のいいカード編

●《輝白竜 ワイバースター》&《暗黒竜 コラプサーペント》&《混沌領域》

《混沌領域》は手札から光属性、闇属性を墓地へ送るとサーチでができます。通常召喚しかサーチできないので主《暗黒竜 コラプサーペント》&《輝白竜 ワイバースター》をサーチします。

また、墓地から除外すれば1ドローすることもできます。

《暗黒竜 コラプサーペント》&《輝白竜 ワイバースター》は召喚権を使わずレベル4を場に並べることができます。エクシーズやシンクロに使いましょう。

●《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

いわずと知れた強カードです。墓地に光と闇は肥えやすいので簡単に出すことができます。除外効果とか2回攻撃効果で強力な盤面破壊が可能です。

●《混源龍レヴィオニア》

こちらも墓地を除外して簡単に出すことができます。

それぞれの除外に応じて強力な効果があるのでその時に強い効果を利用しましょう。

エクストラデッキ

●《ライトロード・セイント ミネルバ》

レベル4モンスター2体で出すことができます。墓地肥やしをしつつそのライトロードの数だけドローできます。

展開に一気につなげることができるので非常によく使います。

●《ライトロード・ドミニオン キュリオス》

3体で出すので少し難しいのですが出たら強いです。デッキから好きなカードを墓地へ送るので《ライトロード・アーチャー フェリス》を墓地へ送れば簡単に特殊召喚できます。

その後さらに3枚墓地肥やしもできます。リンク3なのでそのまま《アクセスコード・トーカー》ンつなげましょう。

●《水晶機巧-ハリファイバー》&《神聖魔皇后セレーネ》&《アクセスコード・トーカー》

こちらは《水晶機巧-ハリファイバー》1枚から《アクセスコード・トーカー》に行くコンボです。

詳しくは下記を参考にしてください

●レベル8シンクロ

レベル4の《ライトロード・アーチャー フェリス》《ライトロード・アサシン ライデン》がチューナーですので他のレベル4と簡単にシンクロ召喚できます。

墓地肥やしをしてさらなる展開につなげる《混沌魔龍 カオス・ルーラー》や盤面破壊の《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》などを採用しています。状況にあったカードを使いましょう。

●レベル7シンクロ

こちらは先ほど言ったレベル4チューナーとレベル3のルミナスでシンクロ召喚できます。《シューティング・ライザー・ドラゴン》で墓地を肥やしたり、《F.A.ライトニングマスター》で妨害したりしましょう。

ライトロードデッキの立ち回り

デッキには特殊召喚しやすいレベル4が多いのでエクシーズして《ライトロード・セイントミネルバ》につなげたり、《ライトロード・ドミニオン キュリオス》につなげたりします。

墓地を蓄えつつ、レベル7,8のシンクロにつなげたり、手札から出せる高火力の上級モンスターを出していきましょう。

ライトロードデッキの弱点

とにかく墓地を利用しまくりいます。なので墓地利用を止めるカードや除外されてしまうカードにはめっぽう弱いです。(EX《M・HERO ダーク・ロウ》、《ディメンション・アトラクター》)

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上が【ライトロードデッキ】デッキの紹介となります。

墓地を大量利用して展開しまくっちゃいましょう!

ほかの遊戯王記事はこちらから見てね→遊戯王記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました